きっと役に立つ!絨毯クリーニングに関するサイトなら絨毯クリーニング専門店評判・口コミ比較公式サイト

トップページ > コラム > 絨毯クリーニングは業者さんに依頼しよう

絨毯クリーニングは業者さんに依頼しよう

 住まいは常に掃除をして清潔にしていると、毎日気持ち良く暮らすことができます。
ただ、自分自身では上手く掃除ができないところもあります。
その中の一つが、絨毯ではないでしょうか。
絨毯は掃除機をかけるだけでは完璧にきれいにできないのが現実です。
しかも、気がつけばシミができてしまうこともあります。
そこで上手に利用したいのが、絨毯クリーニングです。
専門の業者さんに絨毯クリーニングを依頼することで、絨毯の種類に合わせて丁寧にクリーニングしてもらえるということで、たくさんの人が利用していると言われています。
専門の業者さんなら、安全な洗剤や機械を用いてクリーニングしてくれますので、小さいお子さんがいるご家庭はもちろんのこと、ペットを飼っているご家庭も安心してお任せできます。
もちろん、あらかじめ見積もりを提示してくれますので、どれくらいの料金がかかるのか頭に入れた上で依頼できるので安心です。



 絨毯クリーニングの専門業者がいる

フローリングが主流になり、畳ではなく絨毯が敷かれることが普通になりました。
絨毯には色々な種類があります。
価格やデザインを重視して選ぶ人も多いでしょう。
しかし、掃除のしやすさも考えたいです。
掃除しやすい絨毯は、ダニが繁殖するリスクを減らすことができます。
また、掃除の手間もかかりません。
なので、こまめに掃除することが苦痛にならないでしょう。
絨毯の掃除は、掃除機をかけることが基本になります。
しかし、掃除機だけでは吸い取れない小さなゴミやホコリもあるので、粘着ローラーを活用しましょう。
また、濃い色の液体などをこぼして汚してしまった場合は、絨毯クリーニングの専門業者にきれいにしてもらうのが無難です。
絨毯クリーニングをしてもらう場合は、自分で持っていくしかないと思われがちですが、取りに来てもらうこともできます。



 カーペットや絨毯クリーニングの方法

カーペットや絨毯は小さなラグ程度では自宅で洗う人もいますが、カーペットや絨毯クリーニングは一般的なクリーニング処理とは異なって特殊クリーニング扱いとなり、クリーニング店の多くではカーペット洗い専門業者へ委託することも多いです。
クリーニングの方法は一般的に水洗い、シャンプー洗い、ドライクリーニングのいずれかが当てはまります。
水洗いはカーペットを床に広げ洗剤液を使ってブラシ洗い、吊り干しで乾燥するか幅広いの洗浄機に入れて、洗浄した後に脱水後吊り干し乾燥する方法などがあります。
洗浄効果は一番大きいですが脱色や収縮してしまうことがあります。
シャンプー洗いの場合には基布まで濡らさないようにし、パイルに洗剤の泡をつけて回転ブラシでブラッシングして汚れを吸着した泡を吸い取ります。
汚れの除去力は不十分ですが、濡らすことが不可能だったり取り外しできないカーペットの洗浄に使われる方法です。
ドライクリーニングはカーペットの本質として望ましい方法です。
洗濯機に入る大きさや裏ゴム張りがされていないなどの条件があります。

次の記事へ

カテゴリー